2009年07月11日

資金繰りの問題




09年7月11日(土)19時〜21時

ゆずの木保育園で「園舎建て替え」の話し合いが行われました。



園長さんからの声がけもあり、私もOBの1人として

参加させて頂くことになりました。


・町とのやりとり

・補助金の申請

・資金繰り

等、色々な難関があるそうです。



町とのやりとりに関しては、保育園側だけでなく、

保護者からの声が、行政を動かす大きな力になるそうです。



資金繰りに関しても、なかなか大変そうです。

・仮園舎の設置

・旧園舎の取り壊し

・新園舎の建設

等々、かなりのお金がかかりそうです。



色々かき集めても、●●●●万円 足りないそうです。



かなりでかい金額です。



私も微力ながら、外部の人間として、
資金集めに協力したいと思っています。


これだけ良い保育園は、

子供たちのために、親のために、地域のために、

そして、恰好よい言い方をすれば、

日本の未来のために、残したいからです。



ただ、お金の話は、暗くなりがちですし、
悲観的に考えがちです。


(理事長が、会議で言っていた

 「明るく考えましょう!」という言葉に、私も賛成です。)


私自身、子育て中なのでわかりますが、子育てと教育には
お金がかかります。

ただでさえ、大変な今の在園生や卒園生など、
子育て家庭への費用負担は、少しでも避けられたらと考えています。



そこで、私の方では、外部の方の理解を得ながら、
少しでもお金が集められたらと思っています。



できることとしては、

・弊社の収益の一部を寄付する

・知り合いの起業家、経営者からの寄付を募る

・チャリティーイベントを開く

などでしょうか。



ただ、それでも目標金額にはほど遠いです。


かつ、あまりに外部の人間で資金集めをするのも、
よくないかもしれません。


保護者の方々の当事者意識が薄れる危険性もあるからです。




これは、なかなか難しそうです。












(でも、ま、なんとかなるべ。)










posted by 関根 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 園舎建て替え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。