2007年01月27日

はだし

●はだしで遊ぶ



妻が、次女(1歳)と長女(3歳)を連れて、
町の保育センターに行きました。


長女は、途中から裸足になって外で遊び始めたそうです。



それを見た他のお母さん達が、長女に

「裸足で大丈夫?」

「あぶないんじゃない」

と言ってくれているのが、聞こえてきたそうです。






ゆずの木に行っている子なら、当たり前のはだしも、

他のところでは、不思議なことのようですね。



そういえば、長女の足の裏は、だいぶ固くなってきました。


posted by 関根 at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 子供の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。