2007年12月30日

なぜ、薄着なのか?



ゆずの木保育園では、薄着をすすめています。

冬でも裸足で、上着を着せていると、脱がされます。


(こんな感じです。            

http://yuzunoki-hoikuen.seesaa.net/category/2425479-1.html )



鼻水をたらしているのを見ると、

「もっと温かくさせたい」と、親は考えてしまうのですが、

保育園には、考えがあるようです。



それを裏付けるような記事が、日本経済新聞に出ていました。


===


−母親らに「迷ったら着せない」と薄着を勧める巷野悟郎さんを訪ねた。

 巷野さんは同センターの小児保健クリニックの小児科医で、
 母子保健推進会議の会長でもある。話は胎内までさかのぼる。

 「子宮内は温度も一定で理想的なところだがオギャアと生まれると、
  気温も季節変動があるなど環境が激変する。
  このため、どう慣らしていくかが基本となります」

 環境といえば、周囲の状況に合わせてヒトの体調を整える役割を
果たすのは自律神経系。これは血圧や脈拍を上げる交感神経と、
 リラックスした状態をもたらす副交感神経がある。

 実は大人と子どもでこれらの出番の頻度が違うという。


−「簡単にいうと、子どもは副交感神経の方がより働いている。
  だから、よく消化し、よく眠る」。

 成長につれ、交感神経の出番が増えていき、やがて逆転する。
 二つが交差するのは三歳ごろ。
そこで子どもは薄着が大事になるそうだ。


 「肌が冷えれば体全体が冷え、寒さから身を守ろうと
  皮膚の血管収縮などが起きる。一連の動きは交感神経によるもの。

  薄着は交感神経の出番が増えるのを助け、
  皮膚も丈夫になり体に抵抗力もつきます」


 動いたときの産熱量が大人より大きい点でも薄着は望ましい。

 「大人より一枚少ない薄着は全身運動が始まる生後六カ月ごろから。
  一、二カ月の新生児は大人より一枚多めに」
 
 では、いつまでが子ども特有の「風の子」なのか。
 巷野さんは交感神経の出番が成人並みになる「思春期の少し前まで」とみる。


   (2007/12/29, 日経プラスワン, 15ページ)

===



大人の感覚だと、寒いと、つい上着を着せてしまうのですが、

子供には、薄着のほうが良いようですね。




posted by 関根 at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆずの木の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。