2008年03月22日

「埼玉新聞」で「とうちゃんず」が紹介されました!


08年3月21日(金)の埼玉新聞で、
先日の人形劇の様子が紹介されました。


===

File0308.jpg


 寄居 「とうちゃんず」熱演 〜父親らが手作り人形劇〜


 寄居町秋山の「ゆずの木保育園」(桜井順子園長)で、
 園児の父親たちによる手作り人形劇が、上演された。

 グループ名は「とうちゃんず」。園児たちの応援を受けて、
 お父さんたちが大熱演を繰り広げた。(米山士郎)

       埼玉新聞 2008.3.21 9面
===


埼玉新聞記者の米山さん、ありがとうございました!
posted by 関根 at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 父親達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月16日

人形劇 本番



08年3月15日(土)午後 


いよいよ人形劇本番。

(13時)5分前。 園長が子供達を呼び入れる。


「みんなー、はじまるよー!」

DSCN25450001.JPG


劇が始まる。

まずは、劇の前座の「遊び」からだ。


昨日のリハーサルと直前の復習で、ある程度の流れは頭に入っている

つもりだが、それでもどこかで、頭が真っ白になりそうだ。


「忘れてたら、他のメンバーでカバーしよう」

と父親たちで打ち合わせをする。

DSCN25460001.JPG


黒幕の裏に隠れ、園長のあいさつを待つ。



いよいよ始まった。


Hさんが吹くトランペットと共に、父親達が演技を始める。




「手と顔の演技」が終わると、園児の前に並んで自己紹介をする。


「皆さん、こんにちは! “とうちゃんず” でーす!!」


ポーズを決めると、子供達が大笑いしている。



早速、最初の「遊び」に入る。



進行役である後援会会長のMさんが、味のある司会をする。


「じゃー、皆で“でてこい、でてこい、1、2、3”って
 言うんだよ。そーれ!」


子供達の掛け声に合わせて、まずは「缶」を出す。


「あ、缶だ・・・。いーひっひっひ、空き缶怪獣だぞー!」


Mさんが、空き缶を怪獣に見立てて、子供達に襲いかかる。

間を見て、父親が飛び出していく。


「待て待て!空き缶怪獣!」


DSCN25540001.JPG


そのあとも、

空き缶、瓶、綿、新聞・・・

身近なものを使って、父親達が色々な遊びをして見せる。


子供達は真剣に見入っている。





いよいよ人形劇が始まる。

新聞紙やビニール袋で作った決して格好良いとは言えない人形たち。


人形劇のタイトルは「三匹の子豚」

子供達にはなじみの内容だ。


だいたいの組み立てはあるが、ほとんど父親達のアドリブで進める
分、頭が真っ白になってもよいようにポピュラーな話を選んだ。



最初に「大豚ちゃん」が登場したとき、

「これ、何に見える?」と聞いたら

「クマ!」「豚!」という声が出てきた。


(あとから聞くと、この「クマ」という言葉を聞いて、
 
 プロの先生は、「この劇はうまくいく」と思ったという。

 子供達が自由に発想を広げることができている証拠だと言う。)


DSCN25640001.JPG


・大豚、中豚、子豚

・母さん豚、

・オオカミ


自分の役以外のときは、小道具や人形の足を動かすことに専念する。




人形劇の先生によると、上手に動かせば、新聞紙やビニールで作った

無機質な人形が、本物のように見えるという。


ライトに照らされ、少し汗ばみながら、人形を動かす。



自分の役がない空き時間に、黒幕の隙間から、子供達の様子を見た。


みな目を輝かせ、ぽーっとした目で、真剣に父親達に見入っている。


まさに「夢見心地」の目だ。

あんな目を見る機会は、あまりない。



母親や保育士さんたちは、大笑いしている。

普段寡黙であまり話をしない父親達の姿のギャップが面白いようだ。

「つぼに、ハマった」といって大笑いしていた職員もいた。



あとで聞いてみると、母親たちから

「おもしろかったし大笑いしたけど、胸が熱くなってジーンとした」

というコメントが出た。



人形劇の先生(小久保さん)には、準備段階から

「上手くやろうとする必要はない」

「お父ちゃん達自身が、楽しんでやることが大事」

「その様子が、子供達にも伝わる」

と言われてきた。


DSCN25750001.JPG


今までの練習にはなく、本番にはあったもの。


それは、子供達の反応だ。


「あ、ちょうちょ」

「わー!!」

「(子豚たちは)いないよ!いないよ!」


遊びや劇に一体化して、色々な声を上げてくれる子供達。

それにのせられてアドリブでやり取りをしながら劇を進める父親達。



練習中よりも、今回の本番の方が、うまくいったと確かに思う。


先生が言っていた

「人形劇は、子供達の中で起こっているもの」

「子供達に見えているものが大事」


練習中にはよくわからなかったことが、

本番で子供達の反応を見ることでわかったような気がする。

DSCN25800001.JPG


劇が終わり、最後の挨拶のあと、

父親達の足もとに、子供達がまとわりついてきた。

DSCN25780001.JPG



私の足もとにも、5歳の長女がいる。


自分のとーちゃんが、こういうことをしてくれたのが

嬉しかったのか、誇らしかったのか、

なんとも言えない表情をして足にしがみついている。





片付けの最中、後援会メンバーが、埼玉新聞の記者さんから、
取材を受ける。

来週の金曜日(3月21日)に掲載される予定だそうだ。




家に帰る。

心地よい興奮はあるが、やはり疲れていたのか、昼寝をする。



夜は、再度、後援会メンバーで集まり、来年度の役員決めをする。

なかなかタフな1日だ。


===


皆さん、お疲れさまでした。そして、ありがとうございました。


特に、今回企画してくれた後援会会長のMさん、そして

人形劇の先生、小久保さん、どうもありがとうございました。

posted by 関根 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 父親達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

人形劇の準備(3)リハーサル


08年3月14日(金)夜8時30分から、

人形劇の前日リハーサルが始まる。


DSCN25240001.JPG

舞台もセットされる。

DSCN25350001.JPG

人形劇の先生(小久保さん)からの熱い指導が入る。


リハーサルが終ったのは、

DSCN25370001.JPG

深夜2時半すぎ。



明日(3月15日 午後1時)いよいよ本番を迎えます。
posted by 関根 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 父親達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月17日

四者協議会の開催

「民主的運営」を重視するゆずの木保育園では、

保護者・職員・理事会が、園の運営について、意見交換する場として

「四者協議会」が時折実施されます。


(四者というのは、職員会&理事会&保護者会:母親&後援会:父親のことです。)


08年2月16日(金)9時〜11時30分

「08年度第1回 四者協議会」が実施されました。

080216_0926~02.jpg

まずは、保護者からの意見です。(アンケートから)

1.ゆずの木にいれてよかった点・気に入っている点

・大きいクラスの子が、小さいクラスの子の面倒をよく見てくれている。
・いっぱい散歩にいって、刺激を与えてくれている。
・良い保育士さんにめぐり合えたこと。子育てのことで、何もわからずに
 不安に思っていたけど、しっかりサポートしてくれました。
 子供にとって、よい事、悪い事というのを明確にしてくれました。
・お迎えにいっても「帰らない!!」という位、保育園を楽しんでいる事。
・体が強くなった。熱を出さなくなった。
・(親が)多少のことを気にしなくなった
・何でも食べるようになった
・子供の「〜したい」という気持ちを保育士が大事にして、
 子供たちに接してくれていること
・子供だけでなく、家族全体を見て、本当に親身になり、 
 時間を削って対してくれる。
・幼児期にかかせない気持ち、身体作り、食べる事の大切さ(食育)を
 たっぷりと経験していく事ができること
 今しかできない遊びをたくさん楽しめること
・友だちの心配や思いやりが見られるようになった
・物事に取り組む根気がついてきた
・他の園にくらべて、保母がよく見てくれる。子供のことを考えてくれている。
・身体、気持ちがとても強くなった。
・親が気になっていることを、こういう形ででも保育園側になんでも伝え
 聞いてもらい、話し合うことができるのが一番よい。
・担任の先生以外のヨコ、タテの保育者の関わりがあり、
 人との関わりが広い。
・給食の栄養バランスが良い。安全な食材を使用している。
・保育士さんがよい方ばかりで、安心して預けられる。
・自由でアットホーム、開放的な雰囲気で親が入りやすい。
・笑顔が増え、毎日ニコニコするようになった
・身体が丈夫になった。(風邪をひいて、熱がでても、一晩で熱が下がる)
・野菜など良く食べてくれる。
・友だちを助ける気持ちがある。
・通常では出来ない体験ができること
・自然の中で遊ぶことにより、精神面、体力面で強くなった。
・友だちに対して強い絆をもてるようになった事。
・子供とともに、親も育ててもらっているところ。
・楽しい行事がいっぱいあるところ
・先生方が障害を持っている子供のことを共に親身に考えてくれて
 共によい方向に向けようと努力してくれること!


2.ゆずの木で気になっている点・改善してほしい点

・行事が多すぎる。
・お金がかかりすぎる。
・地元の食材で良いものを活用することで、地元を活用し
 お金を下げる工夫ができないか。
・他の園にくらべて、保母の人数も多いと思うのですが、
 他より自由にさせている分、もう少しよく見て気をつけてと思う事がある。
・全体にお金が不足しているのでしたら、食費の中の遠距離から
 仕入れているもの、例えばお米を地元で無農薬でやっている人を見つけるとか
 して、地元の輪を広げるというのも一つの点ではいいのではないでしょうか。
・雑費がいろいろかかる。
・1日の子供の様子がわからない。クラスによって違う。
・散歩の途中でとったものをそのまま食べるのはどうかと思う。
・衛生面が気になる
・施設の老朽化


ここで出てきたことを、司会進行役が、次のように整理しました。


1)方針 (園の考え)

 ・衛生面 ・けが ・寒さ
 ・TV、キャラクターを見せて欲しくない理由
 ・職員を子供達が呼び捨てにすることについて


2)職員 

 ・勤務体制に無理があるのでは(職員の数が足りていないのでは)
 ・日中の子供達の様子を、もっと報告してほしい


3)施設

 ・集金 
 ・給食(ご飯・牛乳代が高いのでは)
 ・トイレがくさい
 ・園の老朽化が進んでいるのでは

080216_0926~01.jpg

これらの保護者からの質問・意見・要望に対して、
職員会の代表として、園長が回答します。

【TVを見せて欲しくない理由】

・TVは、電磁波などの電波障害の危険性がある。
・多くの情報が、シャワーのように子供達に浴びせされる。
・子供たちが受身になってしまう。

・正直、TVを黙って見せて、部屋に閉じ込めておいた方が、
 保育園はラク。
・でも、そうやってしまうと、子供達のためにならない。

・キャラクターを真似して、ぶったり剣で切りつける遊びを始める子もいる。

・TV等の影響で子供達の身体の緊張が強くなる傾向がある。
 しなやかな身体、とっさに身を守る行動がとりづらい身体になる。
 
 根気良く集中して取り組める育ちを保障するためには、身体作りが
 土台に必要。

【職員を呼び捨てにする理由】

・「先生」と呼ばせることで、上下関係を作りたくない。
・子供と一緒に考える大人という存在を、子供達に与えたい。
・一緒に考えあう関係を大切にしたい。


【職員の勤務体制】

・他園と比べると、職員の数はかなり多い。

【園の老朽化】

・確かに進んでいるので、コストはかかるが、子供達のために、
 建て替えをしたい。
・園の建て替えに対する国の補助金は、年々減る傾向にある。



最後に、今回の「四者協議会」への感想です。

3.ご意見、ご感想

・毎年、1〜2回開けると良いと思います。
 父親の参加をもっと促してほしい。
・とてもよい会だったと思います。
・このような場があることはとてもよいことだと思うので、 
 これからも続けて欲しいです。
 時間的にも、土曜日の午前中がベストだと思います。
 保育園の内容がよくわかり、子育てのことも勉強になりました。
・初めて参加させて頂き、いろいろな意見を聞けて、勉強にもなったし
 保育園のことも少しずつわかってきてよかったと思います。
・四者協議とはもっとつまらないものかと思っていたのですが、
 色々な親、保母の意見が聞けて、司会の方もスムーズで、
 初めて参加したのですが、よかったと思います。
・関根さんの司会がよい。(さすがプロ)
 分かりやすく皆が参加できて良かったです。
・とてもよかったので、今後も昼間に協議会を続けてください。
・新しい試みで楽しく参加できました。これからも民主的な保育園であってほしいと思います。
・出席したくでも、夜の開催だと出られませんでした。この日程、保育に感謝です。

080216_0926~03.jpg

皆さん、ありがとうございました。

人形劇の準備(2)




08年2月15日(金)夜8時すぎ、

父親達が、保育園に集まって、ヒミツの人形作りを行う。


DSCN22430001.JPG

だんだん出来上がってくる。

DSCN22590001.JPG

何を作っているのか?


DSCN22550001.JPG

DSCN22650001.JPG

それは内緒。


DSCN22680001.JPG


3月15日(土)13時からの人形劇をお楽しみに。


(このブログで「あ!あれだ!」と分かっても、
 子供達には内緒にしておいて下さい。)
posted by 関根 at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 父親達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月10日

人形劇 第1回打ち合わせ


08年2月8日(金)夜

3月15日(土)に実施される父親達企画「人形劇」の

第1回打ち合わせが実施されました。

DSCN21820001.JPG

熱く語る先生


DSCN22020001.JPG

まずは、新聞を使って


DSCN21950001.JPG

なぜか、剣玉あそび。


DSCN22150001.JPG

新聞で、ボールも作って遊びます。

(なぜ、これが人形劇に・・・)



DSCN22210001.JPG

音楽に合わせて「雲の演技」を練習します。


DSCN22300001.JPG

新聞とビニール袋で、人形を作ります。

(いよいよ、人形劇らしくなってきました。)


DSCN22400001.JPG


次回は、2月15日(金)20時から、他の人形を作ります。
posted by 関根 at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 父親達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雪見遠足


08年2月8日(金)

かき組(4〜5歳)とゆず組(5〜6歳)で、

「雪見遠足」に行ってきました。


バスで出発。

DSCN21520001.JPG


トンネルを抜けると、そこは雪国でした。


DSCN21570001.JPG

ブルートレインの中で着替えをして、

DSCN21540001.JPG

早速、そりすべりを始めます。

DSCN21600001.JPG


DSCN21620001.JPG


(子供より楽しんでいる大人もいました。)


DSCN21720001.JPG

園長の指示で、肉体労働に励む父親たち。

DSCN21740001.JPG

かまくら完成!


DSCN21770001.JPG

皆で写真を撮って、バスに乗って帰ります。


DSCN21800001.JPG


皆さん、お疲れさまでした。
posted by 関根 at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月05日

雑誌「チルチンびと」からの取材


08年2月4日(月)

大雪の翌日、雑誌「チルチンびと」による取材が

保育園で行われました。


「チルチンびと」は、自然派の家作りに関する雑誌です。

自然に親しむ保育園の様子も、時折取り上げられています。


取材は、1日かけて行われました。


朝のぞうきんがけから、山への散歩、ホールでのリズムなど。


4月5日?発売の号で紹介されるようです。

http://www.fudosha.com/

お楽しみに。
posted by 関根 at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆずの木の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月24日

08年度第1回「四者協議会」開催のお知らせ


ゆずの木保育園 保護者の皆様へ


ゆずの木保育園と保護者が、情報交換する場「四者協議会」が
開催されます。

今回は、職員の皆さんの協力もあり、保育と給食つきです! 
是非ご参加ください。

●日時: 2008年2月16日(土)午前9時〜11時30分+給食

●場所: ゆずの木保育園 ホール

●備考: 
 保育あり(子供たちの昼食は、保育士さん達が食べさせてくれます。) 
 給食あり(大人だけでゆっくり食べられるハズです。子供たちが邪魔しなければ(笑))

●四者協議会の目的:
1)保育園の現状(今の状況と今後直面する問題)理解 
2)保育園と保護者の協力体制作り

●進行: 
 冷たいホールに、ずっと座りっぱなしで、ただ話を聞いているという
 状態にならないよう、保護者同士が立って話し合ったり、少し身体を動かしたりします。


===

9:00 開始!

1.イントロダクション(導入)

 1)四者代表挨拶 2)協議会の進め方説明(進行役より)

2.保護者からの意見・質問・要望

 1)ゆずの木に入れてよかった点・気に入っている点
 2)ゆずの木で気になっている点・改善してほしい点
  
3.ゆずの木保育園からの報告 

 1)1年間の活動で心がけてきたこと/クラスの様子 
 2)保護者からの意見・質問・要望に対する回答 
  【うめ・もも・さくら・くり・かき・ゆず・園長】
 3)保育園の現状と今後 (理事長から)

4.保護者にできること

 1)ひとつの提案  2)「できそうなこと」
   
5.クロージング(結び)

 1)次回協議会の開催について  2)園長挨拶

11:30 終了!  給食

12:00 解散!

===

お時間があえば、ぜひ!ご参加ください。


posted by 関根 at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月22日

小さい子に優しく接する




もうすぐ5歳(ゆず組)になる長女が、

2歳の次女や、他の小さい子に優しく接するのを見る機会が増えました。



妻に言わせると


「確かに、ゆずの木の子って、小さい子に優しいわね。」


とのことです。



最年長のクラス(ゆず組)になることは、
子供たちにとっても特別なことのようです。


ゆず組になると、


・ごみ捨て

・園全体の雑巾がけ

・動物の世話 など


特別な仕事が増えてきます。



自分たちが、一番上なのだから、

しっかりしなくては、

小さい子の面倒を見なくては、

という自覚が生まれるのでしょうね。
posted by 関根 at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 子供の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。